橘遊馬のパチスロブログ

元パチスロライター橘遊馬が書くパチスロブログ

客タイプを見極めて勝つ方法

 

スロ屋に入れば、自分以外の客は全員ライバルです。

知ってか知らずかはありますが、店の客全員に、お目当ての台を取られる可能性があります。

 

だからこそ大切なのは、「客タイプの見極め」

 

どんな店でも、客のレベルにはバラつきがあります。

 

①「設定判別をどれくらいしているか」

②「どれだけ粘るか」

 

この2点を見極めたいところです。

この2点を参考に、客タイプをパターン化します。

 

・A:「きちんと設定判別し」、出玉に関わらず、「ずっと打ち続ける」

・B:「一応、設定判別するも」、出玉の波によっては、「ヤメてしまう」

・C:「特に設定判別せず」、「乱れ打ち」

 

①と②の2点の組み合わせは、これ以外にもあるので柔軟に考えて欲しいのですが、ほとんどはA~Cのパターンに当てはまります。

 

Aは、いわゆる「プロタイプ」

このタイプが打っている台は、良い台なら空きません。

挙動良いのに空いた場合はワナかもしれません。

低設定のヒキ強だっただけで、「ラッキー」と思い座っても、地獄を見るだけかも・・・。

 

Bは、知識あるけど、粘る鉄のハートはない「もぐりプロタイプ」

このタイプが気になる台を打っている場合は待つ価値アリです。

ただし、挙動が良ければ、時間の制限でもない限りヤメないので、期待のし過ぎは禁物。

 

Cは、「ハイエナタイプ」と「遊び打ちタイプ」の2タイプ

このタイプが打っていれば、割とすぐに空き台になる可能性は高いです。

ジャグなんかで高設定挙動を見せていても、一度少しハマればヤメちゃいます。

待つ価値大いにアリです。

 

ある程度通う店でなら、Aに該当する人の顔は覚えられるでしょう。

あとのタイプは、その人の打ち方や挙動を見ながら判断していきましょう。

 

空く可能性の低い台が、空くのを待っていても時間の無駄です。

他に目当ての台を探すか、店移動するか、帰るかの選択を取りましょう。

 

さて、今日は仕事後、近所ではかなりの優良大型店に夕方到着。

 

ハイエナ台もないので、ジャグコーナーにて「客タイプの見極め」を行い、ハッピージャグラーの3000Gちょい回って、BR共に5~6の間の台をゲット。

 

3時間ほど回し、ご覧の収支。

 

小さい勝ちでも効率良く期待値稼げたので、良し!

 

2014.11.5 (水)

投資 10000円

換金 15600円

収支 +5600円

今月の収支 -7800円

 

10月の収支 +200円