橘遊馬のパチスロブログ

元パチスロライター橘遊馬が書くパチスロブログ

パチスロのトータル収支で勝つ為のスロ吉的立ち回り① 注:最強のヒキを持つゴッドハンドはスルーしてね!

はじめに、自称「ゴッドハンド」といった最強のヒキをお持ちの方は、この記事役立たないのでスルーして下さいね。

 

では!

 

~トータル収支で勝つ為の絶対条件~

 

『期待値を稼ぐ』

 

そもそも期待値とは・・・

⇒掛け金に対して戻ってくる見込みの金額のこと

 

(例)1回3000円で投げれるサイコロゲーム。

出目×1000円がもらえる場合にサイコロ1投あたりの期待値はいくらか。

(※投げ方とかは考えず、全ての出目の確率は6分の1として考えて下さい)

 

各出目の確率は1/6なので、

1000円×1/6 + 2000円×1/6 + 3000円×1/6 + 4000円×1/6 + 5000円×1/6 +6000円×1/6 = 3500円

1投するのにかかる金額3000円を差し引くと、1投あたり+500円の期待値が見込める事になる

 

つまり、このサイコロゲームはやればやるほどに稼げるということになる。

 

ぅう~!!こんなのあったら美味し過ぎる!!笑

 

ただし、1回しかやらないのなら勝てるどうかは運です。

負ける場合もあります。

 

実はこれ、単純なようでいて、スロで勝ってく為にすごく大切な考え方。

 

スロは、サイコロと違い、もっと複雑に色んな確率が入り混じって期待値計算されているが、根元にある考え方はこのサイコロと同じ。

 

スロの場合の期待値計算も、ある程度自分でできますが、雑誌やサイトを参考にすれば色んな数値が載っていますよ!

 

そんな目線で雑誌をめくると見え方が変わってきます。

そう読んでれば、雑誌に載っている大量の情報から、勝つ為に必要な情報のみを拾えるようになってきます。

 

さて、プラスの期待値さえ稼げていれば、長期的に収支を見ればプラスに収束してくる。

とにかくプラスの期待値を積み重ねることが、トータルで勝つ為の絶対条件。

 

一日の収支だけを見れば、プラスの期待値重ねても、偶然のヒキに左右されてしまい、展開悪で収支がマイナスになる場合もある。

 

逆に、マイナスの期待値を重ねている場合でも、プレミアフラグ引いたり、タイミング良くレア子役落ちたりとかで大勝ちする事もあります。

 

そりゃあ、勘だけで打ってても、たまには勝てる。

 

最初に言った通り、そもそも「オレはゴッドハンドだぜぃ!」って人にはこの考え方は理解できないでしょう。

このページは役立ちませんからスルーして下さい。

 

トータル勝てない人にありがちなのが、「勘で打って勝てた」という経験を元に、次回以降も勘で打ってマイナスの期待値を積み重ねること。

 

「何となく出そうだから打つ」ではなく、

 

「プラスの期待値稼げるから打つ」

 

という考え方を軸に自分なりの立ち回りを構築していくと良いです。

 

ようは目先に勝ちに囚われてはいけないのである。

 

~プラスの期待値を稼ぐ方法~

 

高設定を長く打つ

・天井、ゾーン、高確を狙い打ち

 

この辺りについては、続編で!!